VOICE 先輩社員の声

松木 直子
[2004年入社]

設計事務所、ゼネコン会社などへの自社商品PR

私は、営業部企画開発課に所属しています。具体的な仕事内容は、建築物の内装に使われる壁紙・床材・カーテンなどのシンコール商品の提案営業です。ルート営業と違うのは、設計事務所様、ゼネコン会社様、ホームビルダー様をメインに営業活動をしているところですね。
建物が計画されて完成するまでの流れを大きくイメージしてみましょう。まず建物が決まる段階で設計事務所さんが図面を起こします。それを実際に建設するゼネコンさんがいて、建物の内装商材が細かく決まったら、今度は内装会社さんが施工します。物件ごとに内装の決定権がどこにあるかは異なってきますが、私の部署はこの流れの上部、設計事務所様やゼネコン会社様に、シンコールの商品を選んでいただけるように、自社商品をPRしたりお客様からの相談に応じたりしています。

トータルコーディネートの提案

そのために、プランニングボードやプレゼンボードを作成するのも私たちの仕事です。建物の図面と用途に合わせて、この場所にはクッション製のある床材を、明るい色のカーテンを、吸湿性のある壁紙を・・・といった感じで、サンプルを貼り、ボードを作成するのです。トータルコーディネートのご提案ですね。これをもとにお施主様や施設のオーナー様との立ち会いの中で内装が決定されていきます。

企画開発課は、主に商品を流通させる営業的な動きと、商品の決定へ繋げる商材のコーディネートをする、という2つの要素があります。扱う商材も大変種類が多いので、入社当時は先輩にくっついて色んなもの見ながら勉強して、商材知識を頭に入れて、なおかつ現場にも一緒に連れて行ってもらって、そこでやっと「あのことか!」と、知識とリンクさせることができ、自分の中に必要な情報が蓄積されていく感じでした。やっぱり経験値の違いはありますので、わからないことは先輩に経験談を教えていただきながら、一つひとつ問題をクリアしていきました。

忘れられない喜び。一番最初に手がけた仕事

一番最初に手がけた高齢者用ホームは、今も覚えています。自分で飛び込んで、ご提案させてもらう機会を得て、丸々任せていただけることになったのです。シンコールという会社の知名度は高く、会社の存在を知っていただいていたので、これはありがたい!とそこに便乗しまして。「どういう商材を検討していますか?」「じゃあ商材持っていきます!」と(笑)ダイレクトな反応がいただけますので、それもやりがいに繋がっていると思います。

自分たちでつくる会社という名のチームとルール

弊社には、クレドという社員がつくった信条・行動指針カードがあります。弊社は社員が主体ということで、自分たちはどんな会社にいたいか、自分たちはどうすると必要とされるか、ということを頭に置きながらつくり上げました。弊社はエリアも広く、人数も多いし、部署によって仕事も違います。でも、どの仕事でも共通してできること、お客様が必要とすることを話し合って、具体的でわかりやすい言葉で書かれています。ハードルを最初から高く上げすぎず、頑張ればできるっていうことから始めましょうと。

これから弊社に入社してくださる方とも一緒になって、お客様に喜んでいただける仕事をしていきたいですね。

  • 業務 千葉
  • 営業 藤本
  • 企画開発 松木
  • 配達 川井
  • 業務 千葉
  • 営業 藤本
  • 企画開発 松木
  • 配達 川井