VOICE 先輩社員の声

藤本 佳恵也
[2013年入社]

工務店・内装会社などへの自社商品PR

私は、自分の家を建てたことでインテリア業界に興味をもち、シンコールに入社しました。今、工務店様や内装会社様への営業をしています。工務店も内装会社も職人さんが多いので、毎日現場に出向きます。そこで、どういう建物が建とうとしているのか、材料や商材は何が使われているかを把握して、現場の方との話の中で「この商材ありますよ」とカタログをお見せして商品をPRしたりしています。例えば、床暖房が入るお家でしたら、「こんな床材が良いですよ」とお勧めします。

ほとんどルート営業なので、新規開拓で飛び込んでいくというよりは、既存の工務店さんや内装会社さんとのコミュニケーションを大切にしています。現場がはじまってしまうと、商品が決まってることがほとんどなので、次はいつから現場入るとか、今度どこに新築計画があるかなどの物件情報を前もって聞き出すことがポイントですね。どこへ何を提案すれば喜んでいただけるかは、日々の情報収集次第ということです。一日7件程度、お客様のもとや建築現場を訪問し、あらゆるニーズや相談に迅速にお応えしています。

現場で味わう達成感が嬉しい!

例えば住宅を一軒建てる場合、打ち合わせに行って、お見積りをして、商品を選んでもらって、現場で内装屋さんと商品について話をして・・・と、現場で一緒にモノづくりをしている感覚になります。
たまに現場でお施主さんと会うこともあって、「あ、この柄素敵ですね。」「綺麗に貼っていただいてますね。」と、言われた時は、本当に嬉しいですよね。

営業だからといってガンガン売り込まない

私は、これどうですか、あれどうですかってモノを売り込むのではなく、たわいない世間話からはじめます。私が売っているのはインテリア商材ですが、それを施工してくれる方、その空間に住まう方は「人」です。まずは自分がその人に興味を持つことで、今度は自分に、次は会社に、そして商品に、というように興味を広げてもらうことで信頼関係ができることも営業にはあって、ただ、インテリアの知識があれば良いよ、というわけでは決してないような気がします。入社すぐは、商品管理課で商品知識の勉強、その後、業務課で仕事の流れを学び、営業に配属されました。先輩からは、あの職人さんはお祭りが好きだよ、とか、野球はここのファンだよ、など教えてもらいました。話の引き出しをたくさん持っていることが役に立ちます。私は、野球が大好きなので、野球の話をよくします。職人さんに、ご飯にさそわれたりしたら、そういう仲になってきたんだなって、嬉しいですよね。

積極的に人と関わることが好きな方へ

常にアンテナを張って、新しい情報をつかんで、人と話をするのが好きな方と一緒に仕事がしたいですね。営業は外のお客さまだけでなく、社内他部署の人との連携も多いです。現場はめまぐるしく動きます。そして私たちはそのお客さんのために動いてますので、配達の人に急に商材を運んでもらうこともありますし、業務の方に追加発注を依頼したり、企画開発課と新しい商品の情報交換もします。とても風通しの良い会社なので、積極的に人と関わることが嫌いでなければ、きっと営業に向いていますよ。

  • 業務 千葉
  • 営業 藤本
  • 企画開発 松木
  • 配達 川井
  • 業務 千葉
  • 営業 藤本
  • 企画開発 松木
  • 配達 川井